切れ痔のイメージと印象は良くないことが多いのでは?

切れ痔は40代~50代に多いようなイメージ。

絶対痛いし、つらいと思います。日常生活にも支障が出そうだし、かなりストレスがたまる気がする。

場合にもよると思うが、強い摩擦をかけたら出血もするのではないかと考える。

私の周辺にはそのような人はいないが、実は痔を持っていて、つらい思いをしている人はいるのではないかと考えている。このように悩んでいても正直に悩みを打ち明けられない、打ち明けられる人がいないことが本音であると思います。医者に行くのも恥ずかしさがあると思います。私がもし当事者だったら、恥ずかしくて言えないです。

市販の薬はある程度の効能はあると思いますが、やはり私はその人に合った薬を処方してもらう必要があると思います。しかし、あくまでイメージなので説得力がないかもしれませんが、よくCMで目にする「ボラギノール」は市販の薬ではよく知られているし、私がもし痔になったら、使うと思います。

手術をすれば確実だと思います。しかし、痛みの伴わないものであってほしいです。ですが私が考えるに、医者まで行くまでの道のりが長いと思います。やはりカミングアウトする恥ずかしさはあると思うのでその壁をこえることができれば解決できる症状なのかなと思います。なにか同じ症状で苦しんでいる患者の皆さんが思いを共有できるようなシステムがあるといいのではないかと考えます。掲示板のような。

手術は高いのではないかと考えます。友達で包茎手術を行った人がいますが、20~30万円ほどかかるという話を聞いて手術は高いのだなと思いました。ですから手術という共通している点から費用は多くかさむのではないかと考えます。

リスクは少ないと思います。というか少なくあってほしいです。手術が最善の策であるとするなら、リスクは少なくあってほしいです。しかし、その後の生活習慣だったり、食生活が乱れていたりすると再発も可能性があるのではないかと考えます。

ウォシュレットトイレにしてもあんまり変わらないのではないかと考えます。結局外部からのアプローチからよりも内側からのアプローチも必要なのではないかと感じます。

まず、痔になる前に予防することが一番のことではないかと思います。なったとしても普段の食生活だったり、生活習慣の改善を図ることができれば、自然治癒だったり、様々な病気の予防に役立つことは間違いありません。便は体の調子を示しているとまで言われていますから、便の調子をよくしていくことで健康でストレスの少ない日常生活を送っていくことができるのではないかと考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です