週末作り置き弁当で半年でマイナス6キロ達成!

25歳の頃の春ごろ、仕事が忙しいことに加え、飲み会続きで5キロ増量してしまいました。
スーツのスカートのお腹回りがきつくなったのが、ダイエットを決意したきっかけです。

仕事が朝から夜遅くまでだったので、運動は無理。
ダイエット食品等も気になるけどお金がかかりそう。
ということで、食生活を見直すことにしました。

今までの食生活は、朝は食べなかったり、野菜ジュースを飲んでごまかす。
昼はコンビニか外食でした。
外食もラーメンやファミレスで、食べたいものを食べたいだけ、カロリーなど気にしたことはありませんでした。
夜は飲み会か、お惣菜を買って帰るなど、全体を通して自炊をほぼしていませんでした。

こんな生活では、ダイエット以前に数年後に病気になってしまいそうだと思い、簡単な自炊を始めることにしました。
メインはお弁当を作ること。
土日に平日5日分のおかずを作り、タッパーに入れ冷凍することにしました。
必ずメニューに入れるのが自家製のサラダチキンです。
その他は定番和食メニューのひじき煮や切り干し大根などにして、1食300キロカロリー以下になるようにしました。
なるべく毎朝ごはん1合を炊くようにして、3等分にし朝食用にお茶碗、昼食用にタッパー、夕食用にラップへ包んで冷凍庫へ。
朝食は炊き立てごはんと、お湯に溶かした即席みそ汁を食べて会社に行きました。
夕食のごはんは冷凍しているので、急な飲み会があっても大丈夫な上、ごはんがあるので、何となく家で食べようかなという気になれました。
万が一、飲み会でごはんを炊けなくても、低カロリーな弁当のおかずは用意してあるおかげで、コンビニでおにぎりを買い足せば良く、続けることができました。

1日の摂取カロリーが減っただけでなく、コンビニ・外食が減りお財布にも優しいダイエットになりました。
このダイエットはガツンと体重は減りませんでしたが、1か月に1キログラムずつ徐々に落ちていきました。
周囲に痩せたことを気づかれたのは、ダイエットを始めてから3か月後です。
即効性はありませんでしたが、リバウンドすることもなく、現在も続けられています。
無理をしないで続けられることが1番大切なことだと実感しました。こちらもどうぞ⇒ホットヨガ 高円寺

私の母の粗大ゴミ回収

私の母は60代。家の中の不要やものを捨てたいとずっといっていました。
父は入院中のため、家のことは母がすべて行なっています。本当は私が手伝うことが出来ればよかったのですが、私も実家から離れているため、手伝うことができません。
そこで母は一念発起し、ゴミ回収業者に依頼。選んだゴミ回収業者は、ポストにチラシが入っていた業者にしたようでした。
ゴミ回収業者に連絡したところ、すぐに見積りをしに来てくれるということになりました。
母の目的は、自分では動かせない家具などの重たいもの中心に処分をすること。初めて頼むので値段もわからないし、安心できる業者さんなのかも心配だったと言っていました。
実際の見積りでは、今捨てたい家具などの大きさや数を確認してトラックの大きさなどで値段が提示されました。またてきぱきと進めてくれたので、分かりやすかったと言っていました。一社だけで大丈夫かなと不安になったそうですが、また値段も思ったよりも高くないし、これを逃すとまた何年も処分をしないんじゃないかと思ってそのゴミ回収業者さんに依頼しました。
日程を決めて、それまでに捨てるものの整理を母は始めました。もしかしたら、そこまでしなくても当日に業者さんに細かいところまでお願い出来たのかも知れませんが、母はそこまで確認はせず整理をしたそうです。
いざ、ゴミ回収の当日。整理をしたら思ったよりも処分するものが増え、また当日にも捨てておきたいものが増えたそうです。
もともと回収業者さんにトラックの1台分に載る量だったら、値段は変わりませんと説明されていたそうですが、結局最終的にはトラックを2往復させる量のゴミが出てしまい、予定よりも金額もアップしてしまいました。
でも母はゴミを捨てれたことに満足していました。
高齢の方や一人暮らしの方には、凄く便利だと思います。詳しく調べたい方はこちら⇒横浜市粗大ゴミ当日

粗大ごみの片付けは女子だけでは難しい

粗大ゴミというといろいろありますが、自分で持ち運びできるものにはげんかいがあります。
重さとかおおきさとか、とくに一人暮らしの女子では、おのずと限界があります。
荷台に載せるにしても、一人で持てるものも限られてきます。
知人や友人に手伝ってもらうことも方法の一つですが、リサイクル家電をはじめ、いらなくなった家具なんかは、専門業者に引き取りをお願いしないといけないものもあります。
それが嫌でリサイクルショップへ引き取りをお願いしても、程度によっては引取そのものを拒否されることもあります。
それではどうすればよいのか、意外なところで、便利屋さんに頼んでみたら、スムーズに粗大ごみの撤去を含めて処分をしてくれました。
自治体ならば、自分でトラックなどを手配して、処理場まで持っていく必要があります。
その後は処理代金は、ゴミの重さなどを基準にして支払います。
たしかに安いのですが、大概は郊外の方にあるので、行くのも大変です。
そのうえ、粗大ごみを車に載せたり下ろしたりするのも、全部自分たちでしなければなりません。
かなり大変なのが想像できます。
その点、便利屋さんを含めて業者さんは、男性の方が多いので、力が強く頼りになりますし、普段から作業に慣れている方ばかりなので、作業そのものに無駄がありません。
また、申請手続きもしていただくます。
そして作業用の車は業者なので、当然お持ちですから、わざわざこちらで準備する必要もありません。
それに何と言っても、人材を頼むためにこちらはお金を支払っているので、気兼ねなく頼めます。
また便利屋さんのいいところは、ある程度なら値段交渉が可能な点です。
片付けを専門にされている業者さんは、バック料金のところもあるので、より手間をはぶけるとはおもいますが、便利屋さんを上手に利用すると支払いを抑えることもできるので、相談する価値はあると思います。
特に大きな家具などは、業者さんに処分依頼をいたほうがいいです。

詳しく調べたい方はこちら⇒粗大ゴミ回収 練馬区

ホットヨガをしてみて

友達がホットヨガをしていたので、つきあいでやる事にしました。
思った以上に効果があってハマってしまいました。
身体が冷えると代謝が下がります。
ですから、冬にオススメです。
ホットヨガは、室温を37~39度にして湿度60パーセントの中で発汗作用の強まる中でゆったりとヨガのポーズをとります。
身体が温まり、身体が柔らかくなるのでケガをしにくいのがいいところです。
大量に汗をかくので、デトックス効果も期待できます。
暖かい空気の中で呼吸を繰り返す事で、代謝が上がるのが早くなり通常より痩せやすくなる効果が期待できます。
ダイエット効果だけでなく、代謝が上がるので、冷え性などの改善にもいいです。
私も、以前は指先などか冷えていたのですが今は冷え性の悩みがなくなりました。
ヨガは、身体の変化をゆっくりと実感していくものなのでなるべく早く身体をシェイプさせていきたいならば効率よく体脂肪を燃やせるように、週に2~3回くらいホットヨガに通うのがいいです。
プロのインストラクターについてもらうほうが効果がでます。
ダイエットを期待したいなら、服装もジャージではなくヨガウェアを購入するのがオススメです。
ホットヨガは通常のヨガと異なり、発汗量が多くなるので専門ウェアでないと少し大変です。
普通のウェアだと汗を十分に吸収してくれません。
自分の身体の変化に敏感になれるお気に入りのウェアを見つける事が大切です。
私は、ヨガ教室で売っているウェアを購入しました。
ホットヨガは、適切な環境で身体を動かす事により自然に筋肉が伸び、日頃は使わないインナーマッスルも鍛えられます。
ですから、効率的に無駄なく柔軟な身体作りができます。
そこがいいところです。よく読まれてるサイト⇒新宿でのホットヨガの体験談はこちら 

回収料金の目安を案内してください

粗大ゴミの処分はいつも頭を悩ませますよね、かく言う私も毎年暮れが近づいてくると我が家にはこんなにも不要なものがあったのかと思うくらい不用ゴミが出てくるのですが、一番困るのは市で回収してくれない冷蔵庫やバッテリーなどの粗大ゴです。
年末が近づいてくると「ご家庭で不用になりました電化製品、バッテリーなどをお引取りいたします」とスピーカから音声を流しながら軽トラックが毎日のように回ってくるのですが、回収処分費用を言ってくれないのでいくら取られるのか不安で、声を掛けることを躊躇っていたのですが、4年ほど前に処分に困った冷蔵庫とバッテリーをいつまでも置いておけないなと思い、いつものようにスピーカーで回収の案内をする回収業者さんに声を掛けると、意外に人の良さそうな老人夫婦が乗っている出はありませんか、しかも声を掛けてみるとまだ始めたばかりの経験不測がバリバリ感じる二人、ずうずうしくも、何でも持って行ってくれるのですか、費用は掛からないのですかと聞いてみると、大概は無料ですよと言うのででは冷蔵庫とバッテリーなんですけども大丈夫ですかと聞くと、無料で引き取りますと言うので小型の冷蔵庫とバッテリ2個をお願いし引き取っていただきました。

振り返ってみればそのとき運転席の隣にいた奥さんのような方は、運転していた方に何か話していたようでちょっと不満そうな顔していたのを覚えています。

考えてみれば冷蔵庫もバッテリーも一般の粗大ゴミとしては扱えないし、ゴミとして処分するには指定の業者を通して有料で処分してもらわなければならないものですので、回収して有益なゴミでなければ赤字になるので我が家が出したマイナスのゴミだけではメリットがなかったのではないかと思います。

その後も処分が難しい不用品が出ているのですが、不用となったゴミの回収車は時々巡回はしてくるものの回収処分料金について何も行ってくれないので、前回は無料で引き取ってもらってと言っても、お願いしたら高額な料金を吹っかけられるのではないかと思いが強くてお願いできません、お願いです、回収業者さん回収料金を放送してくださいと思うのは私だけでしょうか。
もっと詳しく⇒https://xn--uck9dw02j40e8xr985a.xyz/

兄の結婚式に出席して感動した10年前の思い出

兄の結婚式が行われたのは今から10年前、私が21、兄が30歳の時です。結婚式の場所は、レストラン名やホテル名までは覚えていないですが、六本木辺りのとても瀟洒なホテルとレストランでした。

そういうオシャレな場所にうとい自分にはかなり気おくれして、緊張したのを覚えています。兄はかなりの成功したエリートでITの仕事をしているので、そういうのに慣れているのですが、当時大学生の自分は落ち着きませんでした。

季節は5月ごろだったと記憶しています。
まだ暑くなる前で、時期的にちょうどいい時期だったと思います。新緑が綺麗で、結婚式にふさわしい季節でした。

料理は美味しかったと思いますが、正直なところあまり味は覚えていません。
まあ、何を出されても美味しいと感じるような場所と雰囲気でした。はじめての結婚式で、しかもとても立派な会場で、あまり味まで覚えていません。でも周りの人は皆美味しい美味しいといって食べていたし、そうだったのだと思います。

ワインは生まれて初めて飲みましたが、とても美味しかったのを覚えています。

出席者は何百人といました。とても多い方だったんじゃないかと思います。兄や新婦の大学や会社の仲間が多かったです。

結婚式としては良かったと思います。自分は兄の結婚式なのに、
ワインが少し回ってしまったのか、感極まって涙が出そうになりました。

不満はありませんが、自分だったらもう少し庶民的なとこでやってくれた方が、気が楽なのになあと思いましたが、兄の仕事上の立場や奥さんの見栄などもあるので、やはりそういうところで高いお金でやるのかなと思いました。

改善点としては、少し上司や恩師のおじさんの挨拶が長過ぎて疲れてしまったので、もう少しコンパクトな挨拶にして欲しかったです。これは当人の責任ではないのですが、すこし気になりました。

でも、全体として、とても豪華で、かつ親密な雰囲気でとてもいい結婚式だったと思います。中でも新郎新婦の両親がアコギでフォークソングを歌ったのが、知らない曲なのにとても心に残り感動しました。続きはこちら>>>>>ホテルでの結婚式を上手に予約する方法はどうすればいいの?!

1年かけてホットヨガに通いました

私は20歳の時に仙台のLAVAというヨガに行きました。
もともとは痩せたいという希望があり、ホットヨガは健康的に痩せることができるということで期待をして通ってみることにしました。
また運動も苦手なのでホットヨガであれば安心だなと思いました。
最初にホットヨガの体験を受けてきました。その時にもホットヨガを受けたのですがすごく体が軽くなったように感じて気に入り契約をすることにしました。
私は1年くらいホットヨガに通っていたのですが私は通い放題で1か月1万円程度です。週に多くて3回程度でした。いけないときは1回は行くようにしておりました。
そのほかにも水などは自分で持参をしていて毎回1リットルの水を持って行って、すべて飲み干しておりました。
私はよくリンパリラックスヨガというものを受けていたのですが、先生は優しそうな女性です。初心者でもしっかりと教えてくれる先生でした。すごくスタイルが良くて私もあんなふうになりたいなと思っていました。
ホットヨガをしていてよかったなと思ったのは、一番はただ痩せるだけでなく綺麗な体型になることができたと言う点です。
今までであればリバウンド続きで痩せては太ってということを続けておりました。なのでホットヨガに通ったことで健康的に綺麗に痩せることができ、すごく嬉しく思っていました。また自宅でも私はヨガをしていたのですが、十分ポーズなども頭に入りますし眠る前などにヨガをしていました。
最終的に私は1年間で8キロの減量に成功しました。
運動が苦手な私にとっては、最初のころは1つ1つが本当に大変で、足や腕は常に筋肉痛ですし痛くて辛かったのですが毎週のように通って本当に良かったなと思っています。あわせて読むとおすすめ⇒https://xn--mck2bp8e3ct35w9tzaqgmzh3a.net/

切れ痔のイメージと印象は良くないことが多いのでは?

切れ痔は40代~50代に多いようなイメージ。

絶対痛いし、つらいと思います。日常生活にも支障が出そうだし、かなりストレスがたまる気がする。

場合にもよると思うが、強い摩擦をかけたら出血もするのではないかと考える。

私の周辺にはそのような人はいないが、実は痔を持っていて、つらい思いをしている人はいるのではないかと考えている。このように悩んでいても正直に悩みを打ち明けられない、打ち明けられる人がいないことが本音であると思います。医者に行くのも恥ずかしさがあると思います。私がもし当事者だったら、恥ずかしくて言えないです。

市販の薬はある程度の効能はあると思いますが、やはり私はその人に合った薬を処方してもらう必要があると思います。しかし、あくまでイメージなので説得力がないかもしれませんが、よくCMで目にする「ボラギノール」は市販の薬ではよく知られているし、私がもし痔になったら、使うと思います。

手術をすれば確実だと思います。しかし、痛みの伴わないものであってほしいです。ですが私が考えるに、医者まで行くまでの道のりが長いと思います。やはりカミングアウトする恥ずかしさはあると思うのでその壁をこえることができれば解決できる症状なのかなと思います。なにか同じ症状で苦しんでいる患者の皆さんが思いを共有できるようなシステムがあるといいのではないかと考えます。掲示板のような。

手術は高いのではないかと考えます。友達で包茎手術を行った人がいますが、20~30万円ほどかかるという話を聞いて手術は高いのだなと思いました。ですから手術という共通している点から費用は多くかさむのではないかと考えます。

リスクは少ないと思います。というか少なくあってほしいです。手術が最善の策であるとするなら、リスクは少なくあってほしいです。しかし、その後の生活習慣だったり、食生活が乱れていたりすると再発も可能性があるのではないかと考えます。

ウォシュレットトイレにしてもあんまり変わらないのではないかと考えます。結局外部からのアプローチからよりも内側からのアプローチも必要なのではないかと感じます。

まず、痔になる前に予防することが一番のことではないかと思います。なったとしても普段の食生活だったり、生活習慣の改善を図ることができれば、自然治癒だったり、様々な病気の予防に役立つことは間違いありません。便は体の調子を示しているとまで言われていますから、便の調子をよくしていくことで健康でストレスの少ない日常生活を送っていくことができるのではないかと考えます。